SBS GROUP

アパレル入庫・検品

“日本基準”の検品で製品品質を維持
海外現地での対応で低コストを実現

アパレル入庫・検品 現在、日本で販売されているアパレル製品の多くは、中国やベトナムなどアジア諸国で生産されています。海外での生産には、人件費など生産コストを低く抑えることができるといったメリットがある一方で、製品の高い水準での品質維持が容易ではないなどの課題があるのも事実です。そのため、良品と不良品を判別する検品業務はとても重要で、アパレル各社はこれまでそこに多大な労力を費やしてきました。海外の生産拠点における出荷前検品だけでは精度に不安が残るため、輸入後に日本でも検品を実施する「二重検品」が一般的でした。

この「二重検品」を、海外での検品のみに一本化することで、時間的なロスの解消とコストダウンを実現する。それが当社の検品サービスの特徴の1つです。当社の親会社であるジーエフでは、海外に展開する約30拠点に日本人スタッフを常駐させ、彼らの指導のもとで、日本基準に沿った検品業務を日々実施しています。お客様は、この海外での検品サービスをご活用いただくことで、手間やコストを掛けることなく、安心かつ安全な状態でアパレル製品を日本で受け入れられるようになります。

アパレル入庫・検品 当社の「検品サービス」には、このほかにも、製品にミシン針などが混入していないかどうかをチェックする検針業務、目視では確認できない部分への針や金属物の混入などを調べるためのX線検査業務、スポットでの生産を委託した協力工場への出張検品業務など様々なメニューがあります。お客様のニーズや現状の問題点等をヒアリングし、課題解決につながる最適なサービスをご提案いたします。

アパレル入庫・検品 中国からベトナム、そしてバングラディシュといった具合に、アパレル製品の海外生産拠点は今後も移管が続いていくことが予想されます。それに合わせて当社も海外ネットワークを拡充し、アパレル製品の日本品質の維持をサポートしていく方針です。

 

お問い合わせ

アパレル物流サービスについてのお問い合わせ
ファッショニスタ
営業開発部
TEL:03-3829-3284

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

お問い合わせ
SBSジーエフ株式会社
ファッショニスタ営業開発部
TEL 03-3829-3284

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る