SBS GROUP

アパレル倉庫・保管

高い作業生産性を実現する最新鋭の物流施設
ハンガー管理や店舗什器の保管にも対応

アパレル倉庫・保管 主に海外で生産された衣料品や雑貨などのアパレル関連製品は、日本に輸入後、SBSグループが全国各地に保有する物流施設(物流センター)で一時保管することになります。SBSグループが近年稼働させてきた物流センターの多くは、1フロア当たりの床面積が大きい(2000坪超〜)うえに、上層階のフロアにトラックが直接乗り入れできる構造になっているため、お客様は施設をご利用いただくことで、入荷〜出荷までの作業生産性向上を実現できます(拠点紹介・アパレル製品を扱う新杉田物流センター)。

アパレル倉庫・保管 施設内部のインフラも充実しています。ラック、ソーター(仕分け機)、ピッキングシステムといった入荷〜出荷フローの効率化につながるマテハン機器はもちろん、在庫管理に役立つWMS(倉庫管理システム)などの物流系情報システムを整備。また、施設内には、アパレル製品のネット販売(EC)には欠かせない機能である「ささげ業務(撮影、採寸、原稿)」のための専用スペースも確保しております。

アパレル倉庫・保管 コートやジャケット、ワンピースなど、丈が長かったり、たたみ皺(しわ)を防ぐ必要がある衣料品については、ハンガーで吊るした状態での保管管理も可能です。空調機能によって施設内の湿度を調整し、製品の品質維持にも努めています。製品のみならず、販売店舗で製品陳列用に使用する棚など各種什器類の一時保管にも対応いたしております。

アパレル倉庫・保管 さらに、将来、少子高齢化に伴い物流センターで働く作業スタッフのマンパワー不足が懸念されることから、今後は物流ロボットの導入など作業の自動化を推進するための設備投資にも力を注いでいきます。

 

お問い合わせ

アパレル物流サービスについてのお問い合わせ
ファッショニスタ
営業開発部
TEL:03-3829-3284

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

お問い合わせ
SBSジーエフ株式会社
ファッショニスタ営業開発部
TEL 03-3829-3284

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る